FXを始めるにあたって注意すべきこと

検討にあたってどんな失敗があるのかを調べました、また失敗しないためには何が一番必要かについても触れました。
取引で損失が出ているにも関わらず損切りができない。
それだけでなく、ナンピンして失敗をする。

これが初心者の方には多いらしいです。ナンピンとはどういうことかと言いますと、損失が出ているにも関わらず、買い増しを行なって取得単価を下げるという方法のことです。自分の予想が当たっていなかったのに、損切りが出来なかったということが原因です。

損切りと言う鉄則を守らなかったことが要因です。
これにより思っていたのとは、逆の方向に相場が動いてしまい、さらに損失が増えてしまいましす。
ナンピンには良い点もありますけれども、多くのトレーダーからは、ハイリスクな手法だと言われています。

それには理由があります。資金管理の難しさなどが特にあげられます。まて、メンタルに左右されて失敗したりなどなど初心者はやるべきではない手法であると言えそうです。

FXで失敗している人は多くいると思います。
その中でも適正な資金で取引ができていないということが原因によるものがあります。

例えば数万円の利益を得ていたが、数十万円、数百万円の損失をし、資金がなくなったなどの場合です。
小遣いが数万円だったのに貯金などを使って、大きな額の取引をしたりして失敗したなどがこれに当たります。

あまり自分にふさわしくない資金の額を投入してしまうと、落ち着かないし精神衛生上も良くありません。ですので、冷静な判断ができずに損失を拡大する一方になってしまいます。そういう時は冷静さを欠いているときなどは、取引から一度離れて、客観的に自分の投資に使う資金や生活費などの面を冷静に見直してみることが必要だと思います。

チャートを分析して取引をしていたつもりが、きちんとチャート分析ができていなかったため、負けがどんどん続いて資金がどんどん減っていくというパターンの失敗です。
この原因はちゃんとチャートを分析して、勝てる根拠を持った取引をしていなかったためです。
取引を始める前にもう一度、この取引で勝てる根拠と理由を確認してから取り引きを行うことが大事だと思いました。

ですのでFXで使うチャート分析の主な二つの方法『テクニカル分析』と『ファンダメンタル分析』の特性などは十分に勉強しておいた方が良いですね。
そして、自分がどちらの分析手法を好むのか、または両方を用いるのかなどを判断した上で取引に臨むべきだと思います。その他にも分析のテクニックがありますので、それらも学んだほうが万全です。

FXは90%の人がすぐに辞めてしまうと言われています。
なかなか1年以上続く人はいないようです。やはり失敗が多いからだと思います。

ではどうしたら失敗が少なくなるでしょうか。失敗がなくなることはなかなかないとは思いますが、極力失敗を減らすためには何が必要なのでしょうか。

FXにはレバレッジをかけて少ない資金でも大きく稼げるときう仕組みがあります。
ここで初心者の方はすぐに数百万円を稼げるのではないかと思い込んでしまう点に注意が必要です。その反対側のリスクも冷静に分析しなければなりません。

例えばチャンスが大きいということは、その反面相場が損失に傾いた場合のリスクも大きい可能性があります。特に初心者の方は夢見がちです。きちんとリスクに向き合うことが重要になります。そうすることで、取り引きを長く続けることができるようになり、その結果利益を増やしていくことが出来るようになります。

 ここまでは、知識などについてお話してきました。
もう一つ失敗しないために注意が必要なのは『FX詐欺』です。どんなものかといいますと、儲けの配当を出さなかったり、手数料をだまし取ったり、払い戻ししてくれなかったりといった手口おおいようです。

また、自動化のツール、上級者の手法のマニュアルを売りつけるなど、投資詐欺でよくみられますが、どちらかといえば情報商材詐欺の要素が強いようです。そして、詐欺にあったと気づいたら、証拠を揃えて警察に相談して逮捕してもらう、また弁護士などに返金できるか相談してみるのがいいでしょう。

他にもいろいろありますが、きちんと学んで、きちんと分析し、きちんと取り引きすることにつきるのではないでしょうか。いつでも、自分が納得できる取引をしたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました